<私のはなし> 足りないものだらけ!

私が思うに、ケネディスクールでの留学生活では体力・気力・知力の3つの力が鍛えられると思います。人の能力というのはこの3つの力の組み合わせで決まると思います。

体力: もちろん体育の授業があるわけではありませんが、読むべき教材やこなすべき課題の量、加えて授業以外の各種活動に費やす労力を考えるとどう考えても体力がないとこなせない。
気力: 授業やグループワークにおいて丁々発止の議論をするには気力がいる。
知力: 「こうだからこうなって、ということはこうだからこうなって…」という論理構造が何層にも重なっているややこしい話を理解しなければならない。


翻って私はというと…全部足りない!この1年の間でどれだけこれらの3つの力がついたのだろう…。

体力: 1日7時間は寝ないと体が持たない。
気力: 飽きっぽくて同じことに長時間集中できない。周りが優秀な人ばかりで落ち込んでばかり。落ち込むヒマがあったら勉強しろ!と自分に鞭打つものの知力が伴わないので頭痛がして寝込んでしまう。
知力: ちょっと考え事をしただけですぐ頭痛がする。頭で考えてもわからないなら手を動かせ!とばかりに計算用紙に図や表を書いて考え始めるもののそのうち自分で書いていて何が何だかわからなくなってしまう。

こんな私がどうやって日々自分のモチベーションを保っているのか?大事なのは「意味づけ」だと思います。なぜ自分が今この瞬間この作業をやっているのか、そこに意味を見出せばやる気がわいてきます。いや、意味を見出さないとやる気がわかないので意味を見出すよう日々努力していますと言ったほうが正しいでしょう。

自分が何をやっているのかわからなくなったら、まず原点に立ち戻って「なぜ今自分はここにいるのか」その意味を考えることが実は近道だと思います。
[PR]
by coast_starlight | 2006-06-30 11:03 | 私のはなし


<< <日々の出来事> アジアンボデ... <考え方>何に対してお金を支払... >>