<話のネタ> 北斗の拳VISAカード

何と、三井住友VISAカードがケンシロウの絵をあしらった「北斗の拳VISAカード」なるものを発行するそうです。なんでも、会員になると会員限定の奥義書がもらえるらしい…。欲しい!?

<詳しくはこちらのニュースリリースをご覧下さい>
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0607/11/news095.html
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=135531&lindID=3


私がこのニュースを読んでまず思ったのは、「誰が言いだしっぺなのか」ということです。三井住友カードあるいはノース・スターズ・ピクチャーズ(北斗の拳の著作権を管理している会社)の社員に熱烈な北斗の拳ファンあるいはこれがビジネスになると思った人がいて、その人が企画書を出してボトムアップ的に起こったプロジェクトなのか、あるいは三井住友カードとノース・スターズ・ピクチャーズの幹部同士がたまたま何かで会ったときに「こういうの面白そうだね」ということになってトップダウン的に始まったのか…?たぶんボトムアップで始まった可能性が高いと思います。別にこんなカードなくても誰も困らないと思いますし、あったらあったで面白いくらいのものですから、誰か一人は相当な情熱を持った人がないとプロジェクトに人を巻き込むことは難しいと思います。そのリーダーシップがどう発揮されたのかというプロジェクトの背景に興味を持ってしまいました。

北斗の拳は私が小学生のときに相当な人気で、同じクラスの男子が休み時間中に私に北斗百裂拳を食らわせたりなど(私が変なこと言うからなのですが…もちろん冗談で)私自身はあまりいい思い出はありません。でも漫画としては完成度は高いと思います。同様の北斗の拳グッズで思い出したのがタイピング練習ソフトで、これは弟が大学を出る前「就職してタイプ打ちができないのは困るから」と私が買ってあげたことがあります。弟はそれなりにタイプ打ちができるようになったので一応は役に立ったようです。

タイプ練習ソフトに北斗の拳を持ってくるというのは理解できるのですがクレジットカードとは…。正直言って驚きました。でも仮に私がこのカードを持ったとしたらちょっと恥ずかしくて使えないかも。いや、こちらではいろいろなデザインのカードがありますから、結構みんな好き勝手なカード持っているし誰も気にしないかもしれません。アメリカ国旗を全面にあしらった愛国心満載のカードや、南の島のリゾートのデザインをあしらったカードなどさまざまです。でもこの北斗の拳のようなある意味洗練された?デザインのカードはないと思います。でもクレジットカードはほぼ毎日使うし相手に見せるものですから、自己主張の手段に無意識のうちになっているのかもしれません。
[PR]
by coast_starlight | 2006-07-12 21:52 | 話のネタ


<< <ハーバード探訪> イェンチン... <日々の出来事> ワールドカップ観戦 >>