<日々の出来事> 静寂をお金で買う

a0079741_1154343.jpg先日偶然立ち寄ったBOSEのお店で衝動買いしたのがこれ。ノイズキャンセリングヘッドホンというやつです。機内誌などの広告で見かけたことはあったのですが、欲しいなーと思っていても広告だけだと今ひとつイメージがわきません。という訳で購入には至らなかったのですが店で現物を手にして体験したときの感動で思わず購入してしまいました。現物自体の技術水準の高さにも感動しましたが、ショールームでのプレゼンの仕方もうまかったです。そのプレゼンのうまさに敬意を表し購入した、とも言えるかもしれません(要はそれくらい感動した、ということ)。

このヘッドホンは、周りの雑音に対してその音と逆位相の音波を生成することにより雑音を除去し、聞きたい音楽の音だけを耳に届けるというものです。音楽プレーヤーをつながずに単なる耳栓代わりに使うことも可能です。今まで私の持っていたオーディオ製品というと音を出すために電源を入れるものばかりでしたが、このヘッドホンではその逆のことを行います。「音を消すために電源を入れる」という発想の転換が必要な状況に対し、私は深い感動を覚えました。自分で雑音の音源がコントロールできない下で静かな環境を手に入れるには、今までは静かな場所に移動するくらいしか方法がなかったと思いますが、これを使えば今自分がいる場所(あるいはいなければならない場所)である程度の静寂(全ての雑音が除去されるわけではないので)を手に入れることができます。その静寂をこのヘッドホンを買うことにより実現できると思うと、決して高くないと思いました。

ところで購入したお店はアウトレットモールの中にあったのですが、これは新製品ということで値引きの対象外。でも欲しくなってしまい定価で買ってしまいました。前のバージョンのものならこれより100ドルほど安かったのですが、買うなら新製品と思ってしまうのは人間の一般的心理と言えるのか、はては私の弱さなのか…。でも法外な高さではないし、買えて幸せな気分を味わえているからそんなことはどうでもいいです。今後はこれを使えばさらに静かな環境で勉強できて成績も上がるかな、と新学期が始まった今、少し期待しています。

ちなみにBOSEの創業者はMITの教授で、本社はここマサチューセッツ州(フラミングハム)にあります。アメリカで技術水準の高さをアピールできる会社は、日本人から見るとひょっとしたらあまり多くないように映るかもしれませんが、この会社はその思い込みを見事に裏切ってくれる会社の一つだと思います。
[PR]
by coast_starlight | 2006-09-12 11:18 | 日々の出来事


<< <授業のはなし> 秋学期第1週 <日々の出来事> 引越し >>