<交通のはなし> 鉄道の日

そういえば今日(10月14日)は鉄道の日だった…というわけで少しは鉄道の日らしいイベントを、と思い勉強の息抜きに一人DVD鑑賞会を行いました。1872年のこの日に、新橋~横浜(現・桜木町駅)間に日本初の鉄道が開通しました。それから130年以上が経ち、開業当時時速三十数キロで走っていた鉄道が今は360キロ(JR東日本が開発中のFASTECH360)を目指すまでになりました。その差、約12倍!車両のスピードだけでなく乗り心地の良さ(居住性・騒音・振動)や鉄道の走行を支える地上インフラシステムの進歩にも目覚しいものがありました。この間の鉄道技術の進歩、およびその技術開発に携わってきた人たちの努力を思うと目頭が熱くなります。鉄道業界に身を置く者として、今いる環境で学んでいることが卒業後日本の鉄道技術を海外に売り込むのに少しでも役立てば…と気持ちを新たにしました。

a0079741_1361851.jpg今回見たDVDは「草軽電気鉄道」。草軽電気鉄道は、大正4年7月22日に新軽井沢~小瀬温泉間の蒸気運転にに始まり、最終的には電化し草津温泉まで延伸しました。場所柄高原の避暑地および温泉に観光客を運ぶだけでなく、戦時下は戦地へ向かう兵士を運ぶ役割も担っていたそうです。しかし終戦直後に国鉄長野原線(現在の吾妻線)が上越線渋川~長野原(現在の長野原草津口)間の旅客営業を始めたことに伴い乗客は減り始め、これに自然災害(台風)が追い討ちをかけました。昭和35年には草軽鉄道の乗客は全盛期の約8分の1の5万6千人に激減し、昭和37年、惜しまれながら廃線となりました。現在も草津温泉に行こうと思うと鉄道はなく、長野原草津口駅からバスに45分くらい乗らなければなりません。

ところでこのDVDの映像は廃線直前の昭和33年~37年の間に撮られたものです。8ミリ映像の質が時の流れを表していると思いました。ここで働く車掌さんや乗客は一体何を考えていたのでしょうか…まさか40年以上経ってからここアメリカで自分たちの姿が見られているなんて思いもしなかったでしょう。

a0079741_1365981.jpgこのDVDは(日本の)大学院時代の同級生が送ってくれたものです。研究室が交通関係だったので、同級生には鉄道やバス好きが多く(というかほとんど全員)、よく鉄道関係のネタで盛り上がることがよくありました。最近はあまりそういうこともなく懐かしい思いになりました。このDVDには他にも九十九里鉄道・松本電気鉄道浅間線・越後交通栃尾線の映像も入っているので少しづつヒマをみて一人鑑賞会を開く予定です。

ほかにも、こちらに持ってきていたグッズを眺めながら日本の鉄道に思いを馳せていました(ちょっと路線は違うかもしれませんが)。写真は、今はなき蒲原鉄道・新潟交通・(これは今でもある)西鉄宮地岳線の切符および廃車になった200系新幹線の銘版です。入手ルートは秘密です。なお、これらはプレゼントコーナーの品物にはなりませんのであしからず。
[PR]
by coast_starlight | 2006-10-15 13:12 | 交通のはなし


<< <日々の出来事> Eat to... <日々の出来事> リライアブル... >>