<日々の出来事> 中間選挙

a0079741_12542518.jpga0079741_1254569.jpg昨日(11月6日)はアメリカ合衆国中間選挙の日でした。この日、下院(日本の衆議院にあたる)全議席と上院(同参議院)の3分の1の議席、州によっては州知事選挙が行われました。アメリカでは大統領選挙が4年に一度、下院(任期2年)と上院(任期6年・2年毎に3分の1を改選)の選挙が2年に一度行われるのですが、今回は大統領選挙がない年なので、日本語では中間選挙と呼ばれます。英語では単に"Election 2006"と呼ばれるのですが…。与党の総裁が首相になる日本とは異なり、中間選挙で大統領の所属政党が過半数をとれないと、大統領の所属政党と議会の多数派政党が異なるというねじれ現象が起きてしまいます。今回、民主党(Democrats)が共和党(Republicans)を破り上院・下院とも過半数の議席を獲得したので、このねじれ現象が現実のものとなってしまいました。そうなると大統領としては非常にやりにくくなるわけで、つい先ほどニュースをチェックしたところによると、今回の選挙での敗北を受けて下院の議長にブッシュ大統領の「天敵」と評されるナンシー・ペロシ氏(女性初)の就任が確実視されたり、ラムズフェルド国防長官が更迭されるなど早速変化があらわれ始めているようです。

ところでケネディスクールではこの日夜7時から学校内で中間選挙に関するフォーラムが行われました。フォーラムとは、各界の著名人を呼んでの講演会やケネディの教授とのパネルディスカッションなどが行われる場です。最近だと元HPのカーリー・フィオリーナ元会長やリベリアのエレン・ジョンソン=サーリーフ大統領(ケネディスクールの卒業生でアフリカでの女性初大統領)がケネディスクールに来られ講演されました。昨日のフォーラムでは、ケネディスクールの教授陣(中にはテレビで政治評論家として有名な先生もいる)が今回の中間選挙に関して約1時間解説した後、参加者はビールやおつまみを片手に大画面に映し出される選挙結果を見守るという会でした。

火曜日の朝、統計学の授業で先生(ベネズエラ人)が「今日のフォーラムは、特にアメリカ人でない人はせっかくケネディスクールにいるのだから是非行くことを勧める」とおっしゃっていたので私もその雰囲気を味わいに行こうと思っていました。あいにく別の用事があったため8時頃行ってみたのですが、まさにお祭り騒ぎでした。サンドイッチやアイスクリームも振舞われ、装飾もまるでパーティー会場。画面に映し出される当確の報道に一喜一憂する歓声が沸き起こる様子に「あぁ、ケネディスクールにいるんだなぁ」と今更ながらに思いました。ちなみに、ケネディスクールには民主党支持者が多いです。ケネディスクールの正式名称は何といっても "John F. Kennedy School of Government" ですから…。それにしても、政治にここまで熱狂する人たちを大勢間近に見たのは私も初めてでした。その場にいたクラスメートが言うには、アメリカ人全てが政治に対する熱意がある訳ではなく投票率もおそらく50%台だということですが、いずれにせよ貴重な体験ができたと思います。
[PR]
by coast_starlight | 2006-11-09 12:58 | 日々の出来事


<< <授業のはなし> 先生とランチ... <私のはなし> 敬語orタメ語? >>