<話のネタ> ケネディスクール恋愛事情

ケネディスクール内でカップルがどれくらい成立するのか…私の感覚では、かなり低いと思います。(厳密に言うと、カップル成立までに至るのは少ないがその前段階では結構ドロドロしているという感じ。)あと、プログラムにもよります。私の独断と偏見では、多い順に

MPP→MPA/ID→MPA/MC→MPA2

となるのではないかと思います。私のいるMPA2はたぶんカップル成立率は一番低いと思います(私の知る限り一組)。というのも、以下のような理由があるからです。

1.必修科目がない、ゆえに皆スケジュールがバラバラ(他の学校の授業をとっている人も多く、学校であまり見かけない)
2.既に相手がいる人が多い(既婚者・長い付き合いの彼氏/彼女がいる、など)

それに引き換えMPPは1年目は必修だらけだし、年齢的も若く(20代中盤~後半が一番多い)available な人が多いので、必然的に他のプログラムの人たちよりもそういう機会が多いのではないかと想像します。これは、私がMPA2に入って後悔したことの一つ(?)かもしれません。私のいるMPA2は、いろんな意味でMPPの人たちよりも「まったり」というイメージがあります。MPA/IDもMPPと同様必修科目が多いのですが、年齢層や国籍が多岐にわたるためMPPほどの一般化は難しいと思います。

それではMPA/MC(ミッドキャリア向けの1年プログラム)の人たちはどうなのでしょうか?若くても30代前半で、30代後半~40代が多数を占めるこのプログラムの人たちのほうがMPA2よりも落ち着いているというイメージがあるかもしれませんが、私はそうは思いません。というのも、離婚を期にケネディスクールに入ったという「第二ラウンド組」も結構いるため、available な人の割合はMPA2よりも高いのではないかと想像するのです。また1年という期間限定なので我々のような2年プログラムにいる人たちよりも短期勝負に出るというか、いろいろな意味でエネルギーレベルが高いような気がします。昨年は、学校内の個室トイレであるミッドキャリアのカップルが関係を持っていたとか、そのカップルに子供ができたとかいう噂を聞きました。確かにこの時期になるとおなかが目立ってくる女子学生は増えてきます。夏に生まれるよう計算して妊娠した既婚女性がほとんどなのですが、全員がそうとは限りません。

-----
この前同級生何人かとこのような話題の話をしていたのですが、意見として多かったのが「将来のことを考えるとケネディスクール内の人とは恋愛関係になりたくない」というものです。さすが政治を志す人が多い学校ならではの考え方かもしれません。ややこしいことになると後々面倒というのは、私も思います。多いのは、同じ学校の別の大学院の人がいいというもの。わかるような気がします。そうはいっても、噂にのぼらないだけで水面下では何があるかは知りませんが…。

ちなみに先週ハーバードの大学院生全体を対象に企画されたパーティー(英語で speed dating といいます)は、チケット発売開始からわずか数十分で売り切れたとのこと。需要の多さを如実に示していると思います。
[PR]
by coast_starlight | 2007-04-15 01:16 | 話のネタ


<< <日々の出来事> バージニア工... <授業のはなし> 当たれば大き... >>