<日々の出来事> バージニア工科大学の犠牲者を追悼する

a0079741_12405556.jpg月曜日にあったバージニア工科大学での出来事は私にとって非常にショッキングで、ここ数日かなり落ち込んでいます。事件の犠牲になった32人の人たちがそのタイミングで死ななければならない理由は何もなかったはず。このような事件を起こしたチョ・スンヒ容疑者も、何年も前からいろいろシグナルを発していたのに、なぜ誰も何もできなかったのか…と思うと悲しくてなりません。いや、周りの人も何もしていなかった訳ではないと思うのですが、周りが「これはちょっとまずいかも」と思いつつもどうしていいかわからないまま時が経った次の段階で起こる出来事としてはあまりに極端すぎます。ほぼ同じタイミングで長崎市長が射殺されたことも知り、日本人としては二重のショックです。ケネディスクールでも、生徒会がバージニア工科大学向けに学生の寄せ書きを募るなどの活動をしています。今年は生徒会長が韓国人なのですが、彼と今日話をしたら、ものすごく落ち込んでいてどういう言葉を発していいかお互いわからず、あまり会話になりませんでした。




a0079741_12384790.jpg今日(4月19日)夜10時から大学構内にあるメモリアルチャーチで犠牲者の追悼行事があったので行ってきました。ろうそくを手に祈りをささげるだけ…と言ってしまえばそれまでですが、神父さんが言われていたように「木曜日の夜10時というこの時間、他にいるべき場所があったかもしれないにもかかわらずここに集まっている、その事実が大事だ」と私も思います。ただ、追悼するといっても、犠牲者のために行ったというよりもむしろこの混乱した自分の精神状態を落ち着かせるため自分のために行ったと言うほうが正しいかもしれません。でも、それでもいいと思います。これによって自分自身をはじめ参加した人たちが何か思うところがあれば、それで少しづつ世の中が良い方向に変わっていく力にならないかな…そう思います。
[PR]
by coast_starlight | 2007-04-20 12:41 | 日々の出来事


<< <日々の出来事> カゼをひいて... <話のネタ> ケネディスクール... >>