<日々の出来事> 囲む会

今日(11月5日)は、私を囲む会を有志が開いてくださるとのことで退勤後曙橋へ行ってきました。2004年の秋から留学に出るまで1年ほど東京韓国学校の韓国語教室に通っていたのですが、そこで同じクラスだった人達の団結力が強く、2年近く経った今でも飲み会や韓国旅行などのイベントを開催しているそうです。留学中はフランス語をやっていて韓国語はしばらくやっていなかったのですが、他のメンバーの中でも韓国語を続けている人は実はあまりいなかったりします。イベント会場は曙橋から歩いて数分のところにあるあるマンションの一室で、改築されてバーのようになっているのですが、知り合いのつてがないと絶対わからないような場所でした。元同級生の一人がこの場所を知っており、安くで貸切で使えるとのことでよくここで集まっているそうです。他の人達は実は結構来ているそうです。私もこれから少しづつ仲間に入れてもらうと思っています。

集まって話す話題と言えば、「俺も同じ時期にソウル行くんだ、現地で一緒にゴハン食べようよ」「この前行かれたという新大久保のアカスリの店、教えて欲しいんですけど」といった韓国絡みの話もあれば、「子供を持って今の仕事を続けるのは難しいよね」「来年2月にあるポリスの来日コンサートのチケットとったんだけど」とか全く関係ない話もあったりと、てんでバラバラです。でもどういうわけかノリが合って一緒にいて楽しかったりします。メンバーのうちの一人が近々某国にワーキングホリデーに行くため日本を離れるということを知り、来月は彼女の壮行会をやろうという話にもなりました。

考えてみれば、学生時代(留学時代含む)あるいは会社関係以外の知り合いって少ないので、こういう全然別の人間関係がないと自分は世間知らずになってしまうのではないかと思います。ましてや留学時代に知り合った人達はもちろん素晴らしい人達なのですが、そういう人達だけだと何かそれ以外の世界との接点がなくなってしまいそう…という危機感も少なからずあります。そのため何の脈絡もないのだけどとりあえず仲良くどうでもいい話もできる人達って重要だな、と思いました。
[PR]
by coast_starlight | 2007-11-06 00:47 | 日々の出来事


<< <日々の出来事> 11月に会った人々 <私のはなし> 気づきは突然や... >>