<日々の出来事> 旅立ち

明日からしばらくロンドンに滞在することとなり、この週末はその準備でバタバタしていました。荷物をまとめるのもそうですが、長く家を空けるにあたり必要な用事をあれこれ済ませたり人に会ったりとかで結構忙しかったです。先々週フランスとドイツに出張していて時差ぼけ状態だったこともあり結構体がしんどいですが、何とか体調を崩すことなくがんばっております。

今回の荷物は、普段使っている小さめのスーツケースに加え、大きいスーツケースも必要だったので買わなければと思っていました。しかし先週食事したときに友人が自分のものでよければ使っても良いと言ってくれました。キズがつくかもしれないけど本当に良いのかと念押しをしたら大丈夫ということだったので、これは渡りに船とばかりにお言葉に甘えることにしました。(スーツケースを使わせてもらったこともそうだけど、ひとまず今回は買う手間を省けたのも大きいです。いや、助かったよ。本当にありがとう。)こちらには日本食や衣類を詰め、今日運送業者に取りに来てもらいました。今は手ぶらサービスというものがあって、荷物を空港のチェックイン前に受け取る必要がない(到着先の空港のターンテーブルで受け取る)ので非常に楽です。チケットの種類やマイレージ会員の種別によってはこういうサービスがタダでついてきますので、私はほぼ毎回これを利用しています。

「来週からロンドンに行くことになってしばらく家を空けるから、ちょっと東京に来てもらえないかな」と親にお願いする電話をかけたとき、私の弟が4月から海外駐在になるという知らせを聞きました。今週末を逃すと当分会えないかもしれない…ということで日曜日急遽家族で食事をすることになりました。弟家族にしばらく会えないのも寂しいですが、それとはまた別に寂しかったのがかつての愛車との別れでした。昔大学院生のとき、大学が田舎にあったことや鉄道と比較した道路のネットワークに対する興味などから車を買おうと決め、修士1年の分際でホンダのシビックを新車で買ってしまったのでした。学生時代の通学の足だけでなく就職後もはじめは地方都市に住んでいたのでそのまま持って行き、生活の足として使っていました。あまり長距離の旅行をしたことはないのですが、ちょっとした温泉旅行にはこれで行ってたし、遊びにも使っていた愛車でしたが、2年半前留学する際弟にあげたのでした。しかし彼が海外勤務をすることになり、他に欲しいという知り合いもいないので手放すしかなくなりました。走行距離は45000キロ程度ですが10年経ってしまうとガリバーに持っていっても値が付かず、タダでなら引き取っても良いということでした。う~ん、寂しい。(もしご興味のある方がいらっしゃればご連絡ください。)というわけで車の記念撮影もしてきました。

長い旅行に出る前は、いつも寝ている寝床にしばらく会えないこともちょっと辛いかもしれません。一旦出発してしまえば大丈夫なのでしょうが…。現地についたら自分がどういう生活をしているのか、あまり想像がつきません。住む場所は決まっているものの、毎日そこから事務所へ通勤し、仕事し、部屋に帰り、家事をし、週末を過ごし…という一連のサイクルがどういう風に出来上がっていくのかは楽しみでもあります。いつまで滞在する予定なのかは今のところ未定ですが、少なくとも桜の季節は3年連続逃してしまいそうです。

そんな訳で、今後はヒマをみつけてロンドン滞在記(+他の場所の訪問記)を書きたいと思います。今後ともよろしくお願いします。
[PR]
by coast_starlight | 2008-02-24 21:21 | 日々の出来事


<< <日々の出来事> ロンドンでの生活 <日々の出来事> 雪の朝の過ごし方 >>