2006年 07月 03日 ( 1 )

<日々の出来事> アジアンボディワーク

a0079741_134731.jpg学校の近くに、アジアンボディワーク・カンマ(訶摩)というマッサージ屋があります。個人経営のこじんまりしたところで値段も安いため(学割がある)今年の初めから時々行っているのですが、最近はマッサージを受けるというよりもここのLisaとおしゃべりをするために行ってるという感じです。おそらく私より一回りくらい年上で、プライベートのことも含め何でも話せるし、日本を含めアジアに関心の高いアメリカ人なのでカルチャーの違いといったテーマでも話が出来るし、よきお姉さまというという感じです。

ここでのセッションは1回1時間くらいで、まず近況について話をし、「睡眠時間は?」「食事は?」と彼女が聞いてくるので質問に答えていきます。その内容に応じて毎回どういったマッサージが良いかを考えてくれます。

指圧マッサージと彼女は呼んでいるものの実際は経絡(英語でmeridianという)に沿ったマッサージで単なるぐいぐい押す感じではなく、体全体を使ったストレッチ+つぼ押しといった感じです。マッサージが終わると、「あなたのこのエレメントのレベルが低いからここを中心にマッサージをした」などと解説してくれます。正直言って私には今ひとつよくわからないときもあるのですが、終わった後の不思議な気分に浸れる快感がやめられず通っています。

ところでこのLisaさん、何とケネディスクールの卒業生なのです。どうやら若い頃は普通に勤め人をしていて、ケネディスクールで学んだりしているうちにアジアンボディワーク(指圧・レイキヒーリング・相対法など)に興味を持ち勉強し開業されたそうです。この仕事をやる傍ら趣味のセーリングを楽しむ生活、なんかうらやましい。また、どうやらそれ以外にも不動産などを持ち、この事業以外の収入もおありのようです。アメリカ人のお金の出入りのコントロールの仕方は日本人のそれとはかなり異なるという印象があるのですが(また今度書きますが)、それはその人の生き方も表しているような気がします。
[PR]
by coast_starlight | 2006-07-03 01:33 | 日々の出来事