2006年 09月 02日 ( 1 )

<私のはなし> 二年目をどう過ごすか (その2)

実はシロクマさんの中はこうなっておりまして、手を入れると動かせます。それはそうと、先日の就寝前座談会の続きをどうぞ。

a0079741_12195412.jpg

S:でもさー、そもそもなんでケネディスクールに行こうとしたわけ?

C:初めは交通計画に特化した学校を考えていたのだけど、先々のことを考えるともっと幅広い勉強ができる環境を選んだほうがいいかなと思って。私は土木・建築関係の学科を出ているわけじゃないし、交通が専門っていっても政府やコンサルとして計画する立場じゃなくて民間企業で鉄道車両を売る立場だからね。それで交通計画を専攻しても後々のことを考えるとちょっとなぁ、って気がしたの。でもビジネススクールと違ってパブリックポリシーの学校に行ったほうがいいと思ったのにはちゃんと理由があるんだ。鉄道とかインフラ関係の案件ってほぼ必ず政府の投資決定が絡んでくるから、その当事者達がどういう考え・言語で動いていてどういうプロセスを踏んで意思決定しているのかを学ぶのも面白いかなと思ったわけ。でもケネディを初めから目指していたわけじゃないかなー。だってエッセイの数はビジネススクール並みに多いし他の大学院と違って出願準備めんどくさいんだもん。当初はもっと楽なところを受けようと思っていたの。だけど大学生の頃からずっと進路相談をしてもらっているある先生がいて、その先生と留学先をどこにするかという話をしたときにケネディを受けろ、って言われて…。それまでケネディスクールって言うと何か雲の上の存在っていうか、すごい人が行くんだっていうイメージで分不相応だと思っていたから。それが先生に「あなたならいけるかもしれない」ってハッパかけられてその気になったのが大きいかな…全然主体性ないけど。ま、そこで先生が背中を押してくれたからやる気になったのだし、人生何がどう作用するかわからないね。

S:僕は15年前カナダのみやげ物屋で出会ってからCちゃんのことを知っていて枕元で見てきたけど、ずーっと海外で学生したいって言ってたもんね。それを足掛け何年もかけて実現させたのだからある意味執念深いと思う。

C:そんな言い方はないと思うけど…。まあ何回かトライしてようやく、って感じ。大学4年のときイギリスの大学院に行こうかなと思って、TOEFL受けて願書出して入学許可もらって渡英して見学までしたのに行かなかったのは、今から思えば神様が「行くな」って言っていたのだと思うし。でもあの頃1ポンドが240円くらいで自分の貯金じゃ足りなかったんだよ。で、その後1ポンド160~170円くらいのときがあってそれなら行けたのだけど就職した後だったし、一旦就職したら数年はがんばろうと思ったりして…とダラダラきてしまった。本当は30歳までに留学を終わらせたかったのだけど、それには少し間に合わなかった。でもそれが自分のペースだから仕方ないね。

S:何はともあれケネディに来られたのだから良かったじゃん。だけど合格の連絡を最初メールでもらったとき、そんなに飛び上がって喜んだりはしてなかったよ。確か夜の12時くらいにメールを見ていたら「Congratulations!」というメールが入っていたと思うんだけど。3月の中旬くらいかな。

C:そうだね。あの時は全然実感がわかなくて、その後Fedexの封筒が送られてきて「あ、本当なんだ」って思った。でも親とか周りの人に受かったって連絡したのはその数日後だし、聞かれて答えたって感じだったからあんまり誰にも話さなかったような気がする。何でだろう?いざ留学が現実のものとなったら環境が大きく変わるのに抵抗感があったんだと思う。変わりたい、って思って行動してきたのに。おかしいよね。

S:ところで何で自分が受かったんだと思う?

C:わからない。出願したからかな。出願したら受かるかもしれないけど、出願しないで受かる人はいないもん。当たり前だけど、これが結構大きい。TOEFL受けて、GRE受けて、エッセイ書いて…っていう一連の作業はやっていて途中で辛くなるかもしれないけど、それを経ることが大事だと思う。だって途中で面倒になってくるもん。働きながら出張先のホテルの部屋でエッセイ考えたりするのとかって、正直しんどかったし。TOEFLやGREで秋頃までにそこそこの点数がとれて「だいたいいけそうだ」って思ったら、その後はエッセイを書く作業をやめないで最後までやれば、結果は後でついてくるというか…何か懐かしいな。そう、そうだよ。そこまでして入ったんだから今のこの時間は貴重なんだ…ちょっと初心に戻って新学期はがんばろっと。

S:何だか眠くなってきたよ。もう寝ようよ。

C:そうね、あんまり真面目に考え始めると脳がまた活性化して眠気が覚めてしまうしね。じゃ、おやすみ。
[PR]
by coast_starlight | 2006-09-02 12:30 | 私のはなし