2007年 02月 14日 ( 1 )

<私のはなし> なぜ自分は日本人なのか

やはり日本以外の国にいると、他者との比較で自分が日本人だなーと感じる瞬間がよくあります。アメリカ人以外の多くの国から留学生が来ているここケネディスクールにいるとなおらさです。例えば…。

・家に帰って味噌汁を飲んでいて「はぁ~」とため息が出る瞬間(旅行から帰った後など、長らく日本食を食べていないとなおさら)
・海外旅行をするときにビザ取得のことをあまり考えなくていいことに気づいた瞬間
(日本のパスポートだとビザなしで入れる国は本当に多いです…アジアの他の国と比べてダントツ)
・ラジオ体操の音楽が聞こえてくるとどう体を動かせばいいかわかっている自分に気づく瞬間(第二は怪しいが、第一はたぶん大丈夫)
・「桃太郎」「かぐや姫」の話がすぐにできても「ハンプティダンプティ」の話はできない自分に気づく瞬間
・パーティーに呼ばれて時間通りに行ったら自分が一番乗りだった瞬間、また二番目・三番目に来たのが日本人だった瞬間(日本人は時間を守るほうだと思います…いや、私に言わせれば他の人が時間を守らなさすぎかも)

こういう表層的なもの以外にも、授業でのディスカッションやクラスメートとのやりとりでもちょっとした瞬間に「こういう考え方をする自分ってやっぱり日本人かも」と思ってしまうことはよくあります。場の空気を妙に気にしたり遠慮がちになってしまうところが特にそう感じるのですが…。でも、何をもって自分自身が日本人だと言えるのでしょうか?例えば血統的には日本人でもアメリカで生まれ育った日系アメリカ人(同様に日系フランス人、日系ドイツ人…なども多数ではなくてもいると思います)もいますし、彼らと比較して私はやはり日本人だと思います。日本人以外から見て私が日系人ではなく日本人だと見分ける主な手段はおそらく名前だと思います。私は学校で日本名をそのまま使っているので、日本語アクセントのない英語を話していてもやはり周りは私を日本人と見ると思います。しかし日系人と日本人の違いは単なる生まれ育ちや考え方の違いでしょうか?

自分の日本人らしさはどこから来るのか…ちょっと真面目に考えてみました。なぜ自分は日本人だと言えるのでしょうか?両親がともに日本人だから?日本国籍を持っているから?名前が日本人の名前だから?日本で生まれ育ったから?母国語が日本語だから?両親が自分を日本人以外に育てることができなかったから???


…長らく考えた末にたどりついた結論は、

「今まで日本人以外ではなかったし、これからもおそらく日本人以外にはなれないから」

という消去法的結論でした。なぜ自分は日本人なのか?と直接その理由考え始めると難しいので、「じゃあ韓国人なの?」「違う」「じゃあアメリカ人なの?」「違う」という問答を(世界中の国の数-1)回繰り返したらこうなる…ということです。

別に日本人以外になりたいと思ったわけではないのですが、たまたま日本人に生まれたというこの「降って湧いた」的状況を何も考えずに受け入れるのもイヤで、一度深く掘り下げて考えてみたいと思いました。別に私は好きで日本人に生まれた訳ではありません。でも好きかどうかは別として、そこに属する一人として生きていかなければなりません。この与えられた属性を受け入れ肯定し自分の強みとするには、一旦その属性について深く悩み考えぬいた経験が、ひいては強い自己につながるのだと思います。

世界の人口60億人に対して日本の人口は1.2億人。単純に計算して日本人に生まれる確率は2%です。この2%の希少性を生かすも殺すも自分次第。さぁ、どうしようか…。
[PR]
by coast_starlight | 2007-02-14 09:41 | 私のはなし