2007年 06月 26日 ( 1 )

<日々の出来事> 最後の週末

この週末にはアメリカを発つことになり、この前の土日がこちらで最後の週末となりました。ずっとご無沙汰していたホストファミリーのところに行くと約束していたので、かなり久しぶりにマサチューセッツ州北部にあるご夫婦のところへお邪魔になりました。ケネディースクールでは外国人学生に希望すればホストファミリーを紹介してもらえます(私がこのホストファミリーと知り合ったのはまた別ルートですが)。ホストファミリーといっても一緒に住むわけではないのですが折に触れて自宅に招いてもらうなどホストファミリーとの交流はアメリカ文化を知る良い機会でもあります。ファイナンシャルプランナーをやっているだんなさんとパーソナルトレーナーをやっている奥さんのこのご夫婦、ともに(たぶん)50代なのですが結婚してまだ3年くらいしか経っていません。奥さんはここに来る前シンガポールに20年ほど住んでいて、若い頃ボディービルダーとして各種コンテストで入賞し、フィットネスジムを経営していたそうです。対するだんなさんはマサチューセッツ州から出たことのない超ローカルな人。この二人がどうやって出会ったのか??何とインターネットなのだそうです。それも今から10年くらい前!ひえー。お互いやっていることも趣味も違うけど、ユーモアのセンスは共通している、だから一緒にいて楽しい、そんな感じの夫婦だと思います。毎回このご夫婦を訪ねるたび面白い経験をさせてもらいました。今まで家の庭にかかっているハンモックで昼寝したり、おばさんの持っている馬を見に行ったりとしましたが、今回はまた違う体験が待っていました。

土曜日の昼、ご自宅のある方向とは全然違う駅を指定されコミューターレール(郊外列車)で出向いたのですが、そこから連れて行かれたのはオートレース場!おじさんは多趣味な人で、その趣味の一つがモータースポーツです。趣味でモータースポーツを楽しむ老若男女がこのオートレース場で週末にその腕を競っているようです。マサチューセッツ中心部のAyer(エアーと発音するらしい)という町にあるこの場所は、昔飛行場だったのですが今は使われておらず、滑走路だった土地を現在はオートレース場として利用しているみたいです。様々にチューンアップされた車が並んでいる光景にはビックリ!よくもまあここまで本格的に趣味に没頭できるな、と驚くばかり。ちなみにおじさんは安全運転講習のインストラクターもされているそうです。おじさんはオートレース用ポルシェを持ち込み、レースに出場していました。私も写真撮影のためいろんな車に乗せてもらいました。

a0079741_1381414.jpga0079741_1383836.jpga0079741_13113915.jpg








a0079741_1391618.jpgその後おばさんがコンコードのルイザ・メイ・オルコットの家に連れて行ってくれました。若草物語という有名なお話を書いた人ですが、私は読んだことがありません。何でもお父さんが教育熱心な哲学家(何でも超越主義者 transcendentalist だったらしい…詳しくはよくわかりませんが)であったことが彼女に大きな影響を与えたと言われています。おばさんが「当時は親の考え方次第で---特に女性の場合は---どこまで教育が受けられるかがかなり決まっていたと思う」と言われていたのが印象的でした。



a0079741_1394297.jpgその次は「あなたに是非会わせたいおばあさんがいるの」ということで、おばさんの顧客であるドイツ人のおばあさんの家に行くことになりました。このおばあさんは現在84歳ですが、おばさんが教えているフィットネストレーニングのお陰で日々元気に過ごしているようです。20歳の時にドイツからアメリカに渡って以来数々の苦労を乗り越えられてきたのだと思います。普通に話をしていても深みが感じられるということは、初対面でもよくわかりました。なんでもこのおばあさんのファンクラブもあるのだとか。おばさんの家の庭が素晴らしかったことも手伝って、非常にすがすがしいひとときを過ごすことができました。


夜は自宅近くのシーフードレストランに連れて行ってもらいました。その後ご自宅に一泊して昼頃自分の部屋に戻り、引越しの準備を淡々と進めていました。確かに引越し準備がある中ちょっと大変ではありましたが、行っておいてよかったです。とはいえ引越し準備は家の中での作業だったり家にいなければならないことが多くて、逆にちょっと遠くに行ったのが良い気分転換になったのも事実です。

もっとも今は「うわー、もう本当に残り数日しかない!」と尻に火がついていますが。
[PR]
by coast_starlight | 2007-06-26 13:12 | 日々の出来事