2007年 12月 22日 ( 1 )

<話のネタ> マイル修行

昨日JALグローバルクラブの話を少し書きましたが、そういえば留学中同級生でANAのスーパーフライヤーズクラブに入るために「修行」をしている人が何人かいました(複数人というところが怖い)。卒業後仕事に戻ったら時間がとれないから留学中に修行に励むのだと彼らは言っていました。会員資格を得るのに必要な「1月~12月の間に50回の搭乗実績」をつくるために朝早くから日帰りあるいは1泊旅行を繰り返し、例えばボストンからピッツバーグ(割と短距離)に行くのにニューヨークで乗り継いで回数を稼いだりなど結構笑えました。また、このステータスを得るために旅費を50万円くらい投資していたような気がします。しかし!マイル修行に関してネットでいろいろ調べてみると、上には上がいることがわかりました。例えば一日の間に距離が短くて値段も安い羽田~大島や伊丹~徳島を可能な限り往復して回数を稼ぐ人がいたり、「果たしてここまでお金と時間をかけて会員資格を得ることにどれだけのメリットがあるのか」を経済的観点から論じる人がいたり、「世の中には物好きな人が多いんだなー」と関心させられます。ちなみに来年からJAL/ANAともに上級ステータス獲得基準を大幅に変更するのですが、ある意味このような「マイル修行僧」をさらなる苦行に陥れる制度変更かもしれません。具体的には、ANAの場合会員資格取得基準に搭乗回数は考慮されなくなり、ポイントに一本化されます(JALは上級ステータスのみ)。このポイント計算がミソで、国内線の場合ある程度高いチケットなら「搭乗距離に応じて得られるポイント数+400」ポイントが加算されます。おそらくこの400という数値を含む微妙な変更内容はそれなりの経済計算を行った結果出てきた数値なのだと思います。MBA持ったコンサルタントのいるコンサルファームとかに頼んで計算させたのかも…。

私も留学中いろいろなところに旅行しましたが、マイレージにこだわると安いチケットが手に入らないことが多くて「マイルが貯まったらラッキー」くらいにしか考えないようにしていました。そのためジェットブルー(アメリカの格安航空会社)やアイスランド航空(ボストンから欧州各都市に行くには私が知る限りアイスランド航空が一番安いと思います)、グリーンランド航空といったどこのアライアンスにも加盟していない航空会社をよく使っていました。しかし同級生の「マイル修行僧」は格安でチケットが売っていてなおかつスターアライアンス系の航空会社を利用することを前提に行き先を決めることが多く、私のような行き先ありきの旅行とは明らかにスタイルが違っていました。

ちなみに私はJALグローバルクラブの会員証を持っています。入ったのは2005年に仕事でJAL便しか飛んでいないところに何度か行くようになったのがきっかけです。それまでは出張のとき行きがJALで帰りがANAということもあったくらい航空会社の選択はテキトーでした。またスターアライアンスに加盟するANAのほうがメリットが大きいし(当時JALはワンワールドに加盟していませんでした)スーパーフライヤーズクラブのほうに興味があったのですが、出張でJAL便に乗っているうちにポイントが貯まってきて「これはいけるかも」という思いが募り「それじゃちょっとやってみるか」とやる気を出してみたのでした。従っていわゆる自主的な「修行」はしていないのですが、ドアツードアで20時間、乗り継ぎが悪ければ30時間以上かかるところに仕事で1ヶ月の間に2往復したりというのはある意味苦行でした。それと引き換えに得られるものはというと、チェックインカウンターや搭乗ゲートで列をすっ飛ばして行けることや、ラウンジでタダの食事を食べられること、荷物が早くターンテーブルから出てくることなどです。これらは当然飛行機に乗らなければ得られない恩恵ですが、飛行機に乗ること自体私にとっては苦行なので、その見返りとしてはまあ妥当じゃないの?と思うこともあります。留学中はまだJALがワンワールドに加盟していなかったためこれらの恩恵を受けることはなく、格安航空券ホルダーとしておとなしく列に並んでいました。でも、遊びで行く旅行で列に並んでいる間は同行者とおしゃべりしたり旅先で何をしようかと想像したりとそれなりに楽しいのですが、仕事で列に並ぶのは苦痛以外の何者でもない、と最近思うようになりました。

今年は既にJALおよびワンワールド系航空会社の搭乗で半年足らずで5万ポイント貯まってしまいました。この調子だと来年はダイヤモンド会員が狙えるかもしれません。でもそんなことより飛行機に乗らなくて済む「どこでもドア」ができないかなぁ…。もっとも本当にできてしまったら我々の商売(鉄道車両を海外に売る仕事)が成り立たなくなってしまうので、それはそれで考えものです。
[PR]
by coast_starlight | 2007-12-22 19:25 | 話のネタ