<   2007年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

<日々の出来事> 卒業式

ハーバード大学では卒業式のことを Commencement といいます。英語で commence とは「始まる」という意味でもあります。学校の卒業とともに、新しい門出を祝う、そんな意味がこもっているのだと思います。しかし式典は8~9時間の長丁場!正直言って感慨に浸る時間よりもこれらをこなすのに精一杯で疲れを感じた時間のほうが長かったかもしれません。だって昨日は朝5時起きだったんだもん。大まかなスケジュールはというと…

07:00 ケネディスクールへ集合・クラス写真撮影
08:00 ケネディスクールからヤード(学部の校舎)まで歩く
09:45 Morning Exercise 開始
11:15 ヤードからケネディスクールに戻る
12:00 学校に再び集まり、アルファベット順に整列
12:30 卒業証書授与式開始
14:00 家族と合流し授与式会場の隣のテントでランチ
14:30 ヤードでハーバード大学の学長およびビル・ゲイツのスピーチ
      (ヤードに行かずケネディスクール内のフォーラム会場で見ることも可能)
15:30 フォーラム会場などで写真を撮ったりし、三々五々と人々が帰宅し始める
~以下適当

そんなわけで、卒業式は大まかに三部構成となっています。


0.クラス写真撮影

a0079741_545689.jpga0079741_542261.jpg他のスクールの場合はわかりませんが、ケネディスクールの場合は早朝7時に学校に集まってクラス写真を撮ることになっています。待っている人のために朝食が用意されており、朝からシャンパンも置いてあってビックリしました(さすがに飲めなかったけど)。各プログラム別に分かれて並んで写真を撮るのですが、これが結構大変!朝一番に集まってクラスメートと会ったら「おぉー!おめでとー!」とかいう歓声が上がりそこら中で人々が抱き合って話し始めたり写真を撮り始めたりするので全然写真撮影場所に人が整列せず、自分のプログラムの写真撮影が始まっているのにそれに気づかず最後の一枚を写す…というときになって慌てて気づいて並び始める人がいたりして、なかなか終わりませんでした。日本と違って列に並んだり集団で動くということに対してトレーニングされていないからなんだろうけど、「あぁ、やっぱりな」妙に納得していました。この後のヤードまで歩いていくときもしかり。上記のタイムスケジュールでヤードまで歩いて行くところから Morning Exercises 開始まで2時間近くありますが、これは他のスクールの人たちも含めて全員が揃うまでそれだけ時間がかかるということです(その間実はかなりヒマだったりします)。ちなみに、ケネディスクールからヤードまでは歩いて10分もかかりません。卒業生が4500人くらいいるからだとはいえ、朝礼などで「前にならえ」「やすめ」とかいう「訓練」をやってきた日本人だったら半分以下の時間で済むだろうな…と思いました。


1.Morning Exercise

a0079741_54813100.jpga0079741_54694.jpg卒業式第一部である Morning Exercise に入るには、卒業生本人であり卒業式の格好(ガウンとキャップのお決まりの格好…総称 regalia)をしているか、チケットを持っている必要があります。このチケットは前々回の記事でも書きましたが、各卒業生に2枚配布されるもののそれ以上必要とする人も多いため直前にはあらゆるところで「取引」が行われるようです。Morning Exerciseでは、ハーバード大学の学部・大学院全てのスクールの卒業生およびゲストが一同ヤードに集まり、卒業生代表のスピーチおよびハーバード大学学長から各スクールの Dean (校長)に対して学生に学位を授与する権限を与える宣言が行われます。この際、各スクールの名前が呼ばれたらそのスクールを代表するモノを歓声とともに卒業生が掲げるという習慣があります。例えばメディカルスクールだったら手術用の(?)ゴム手袋、教育大学院だったら教科書などで、ケネディスクールはビニール製の地球儀のボール(息を入れて膨らませるやつ)を例年使っているようです。

またこのときに行われる卒業生代表スピーチは3つあるのですが、そのうち1つが学部の成績優秀者によるラテン語スピーチです。でもネタはなぜかスターウォーズ。学校の施設やスタッフをスターウォーズのキャラクターに絡めて話すという結構笑えるスピーチで、R2D2やジェダイといった名前もちゃんとラテン語に訳していて、その箇所では皆大爆笑。そもそもそんな話を何でラテン語でしなければならないかと思いますがまあ伝統なんでしょう。このスピーチの難しいところはプログラムの中にスピーチ原稿(ラテン語およびその英語訳)が配られるので、話すべき内容を度忘れしてもその場で変えることはできないため一字一句正確に暗記していなければならないのです。しかもラテン語で。今回スピーチした彼は最初から最後まで堂々とした態度素晴らしいスピーチを行い、内容も完璧、一つも間違えていませんでした。お見事!他の二人の英語のスピーチをする人はどのようにして選ばれるかというと、この目的のために春にスピーチコンテストが行われます。学部・大学院でそれぞれ一人づつ優勝者がスピーチをするわけですが、今年はケネディスクールの学生がスピーチをすることになり少し盛り上がりました。学校ではこのコンテストの参加者のために専門の講座が開かれていたくらいです。先生もさぞうれしかったことでしょう。

最後に行われる名誉学位の授与式はかなり面白かったです。今年は(確か)7人に名誉学位が送られたのですが、そのうち2人が女性科学者でした。これは2年近く前、当時学長だったラリー・サマーズが「女性は生まれつき科学には向いていない」という旨の発言をしてそれが議論を呼び、(他にも理由はあるでしょうが)学長を辞任することになったことにも関係しているかもしれません。(何か政治的なニオイを感じるよね、と同級生と話していました。)一旦学長になると10年くらいは務めるのが普通な中でわずか5年で学長が辞めるという稀に見る出来事が起こりました。新しい学長になる7月1日(アメリカでは7月1日が日本でいう年度始まりみたいな感じ)までは以前学長をしていた人が暫定的に学長を務めることになったのですが、それ故に今年の卒業証書には学長のサインのところに学長(President)ではなく暫定学長(Interim President)という肩書きが入るという前代未聞の卒業証書となりました。ちなみにラリー・サマーズ前学長も名誉学位を授与されていました。このときは会場に一斉に歓声が沸きました。賛否両論がかなりあった人なので、ものすごく支持する人とものすごく支持しない人の両極端に分かれているみたいです。

ちなみに Morning Exercise はインターネットおよびローカル局で中継されます。中継の際は野球の実況中継みたいに司会と解説者がいて、その人たちも卒業生と同じようなガウンを着ています(実は結構笑える)。ご興味のある方はこちらの Multimedia というところで見られるので見てみてください。


2.卒業証書授与式

a0079741_5562027.jpga0079741_5535897.jpgMorning Exerciseが終わると卒業生およびその家族はぞろぞろと各スクールの校舎に戻り、その後の卒業証書授与式で一人づつ証書が渡されます。ケネディスクールの場合は校舎の裏にある公園に大テントが張られ、そこで式が行われます。卒業生はまず校舎でプログラム別およびアルファベット順に並ぶのですが、写真撮影と同様集団行動に慣れていない人たちなのですっごく時間がかかりました。列に並んだ後授与式会場まで音楽とともに「行進」していくのですが、個人的にはこの瞬間が一番ぐっとくるというか、「あぁ、卒業するんだ」という気持ちになったと思います。途中の「花道」では卒業生の家族や友人達がたくさん出迎えのため待っていて、私も去年卒業された先輩の女性がわざわざニューヨークから来られたのを見つけたときにはものすごくうれしかったです。

全員が席に座った後学長のスピーチがあり、続いて卒業生一人一人に証書が渡されます。厳密に言うと白い封筒に証書が入っているのですが、学費などの費用(term bill)を全額払っていなかったりするとその中には証書がなく「金払え」という紙が入っているそうです。私の封筒には、ちゃんと証書が入っていましたよ!


3.学長およびゲストのスピーチ

a0079741_5572543.jpg昼食の後、再びヤードで学長およびゲストによるスピーチがあります。今年のゲストはビル・ゲイツでした。今回ビル・ゲイツには名誉博士号が授与され、Dr. Gates と紹介されていました。私の両親は昼食後ヤードまで行きスピーチを聞きに行ったのですが、私は同級生と写真を撮ったりしていたこととヤードまで歩いていくのが面倒になったのでケネディスクールの校舎内で放映されるスピーチを見ることにしました。今年はアップルのスティーブ・ジョブスがスタンフォード大学の卒業式で講演することになっていてそれと比較してどうだろう、という話を前日に同級生としていたのですが、ビル・ゲイツのスピーチも悪くなかったです。マイクロソフトの経営自体からは一線を退き財団活動にほぼ専念しているからだと思いますが、地球全体における不平等にもっと関心を持つことの重要性を特に訴えていたような気がします。


-----
その後も学校近辺に残って同級生とおしゃべりしたり写真を撮ったりするためにしばらく残っていました。この機会を逃すと次いつ会えるかわからない、一期一会という言葉を思い出した瞬間でもありました。4時半くらいまでいたのですがすぐに家に帰る気力は出ず、しばらく学校の中庭のベンチでボケーッとしていたのですが、2年近くの留学生活を総括するにはまだしばらく時間がかかりそうです。結局日本には今月末に戻ることにしたので、これから3週間、少しづつ振り返っていきたいと思います。

でも、何はともあれ、無事卒業できて良かった!
a0079741_5583718.jpg

[PR]
by coast_starlight | 2007-06-09 06:00 | 日々の出来事

<日々の出来事> 往復書簡

5月21日(月) 5:20

返事がかなり遅くなってごめん。旅行したり上海にいる僕を家族が訪ねてきたりとかでずっと忙しかったんだ。毎晩君にメールを書こうと思っていたんだけど、どういうわけか今日になってしまった。いずれにせよ最後の学期が無事終わったみたいでよかったね。学校生活が終わって前に進めると思うとうれしいんじゃないかと思う。

中国はまだ未開発の部分はあるけど独自のペースや基準(影響は少なかったりするんだけど)で物事が進んでいるところがある。最近はようやく変わりつつあるけど(恥ずかしながら)。現時点では、中国は経済開発や製品イメージの点で日本の80年代に近いところがあるんじゃないかと思う(※私はこれには必ずしも賛成ではないですけど)。5~10年後は確実に変わっていると思う。でも現時点では世界中の製造業や流通業に対する需要がかなり中国にあって、(車や電子機器などの需要という点で)日本を含めた周辺国にも影響を与えていると思う。中国は過去10年ほど8~10%の経済成長をし続けていて、近々それが終わる気配もないし(過熱を防ぐという意味では一時的に止める必要はあるかもしれないけど)。だから世界全体に与える影響は大きいわけで、それが僕がここにいる理由でもあるんだ。うまく波に乗れればいいと思っているんだけど。

今月末からアメリカに戻るかもしれなくって、ボストンにも立ち寄るかもしれない。もしそのときにいるのであれば会っていろいろ話をしたいね。もし会えなければ日本に戻ってからこっちに来るべきだよ。もし来るのなら街を案内する。いずれにせよ近いうちにいろいろ話をできるのが楽しみだよ。

-----
5月21日(月) 12:44

元気にやっているようでうれしいです。私のほうはこの前の木曜日に親知らずを4本抜いてちょっと痛い思いをしていたけどね。ここの天気は昨年の今頃と同じ感じでちょっと変。そういえば去年の今頃30日以上太陽を見ていないとか言っていたよね(※彼は雨男)。幸い今日は天気はいいです。上海の天気はどう?

私の予定はというと、来週は両親と旅行に行くことになっているけど、それ以外は基本的にいるよ。今年の卒業式は6月7日。今年は雨が降らないといいんだけど。もしボストンに来るのなら教えてね。そうでなければ私が中国に行ってみたいと思います。

-----
5月21日(月) 21:43

おぉー親知らず抜いたんだ。まあ良い点はもうないってことじゃない。お大事にね。そうそう、確かに去年の今頃雨ばっかりだって言ってたね。その時期はなぜか僕が行く場所に限って雨が降っていたんだ。でもその後太陽が見られたからまあ良かったんだけど。ここ上海の気候はいいよ――大気汚染を除いてはね。そんなにものすごく悪いって訳じゃないけど。ボストンは春が一番いい時期だよね。外も緑が見えてきたんじゃない?その時期はボストンにいると思うから会えるといいと思う。それじゃ旅行気をつけて。

-----
6月4日(月)

返事が遅くなってごめんなさい。昨日まで旅行をしていてその間ずっとネットにつないでいなかったの。ある意味いい気分転換になったけど。それはそうと、ボストンに行く日は決まった?私は6月中はケンブリッジにいるからその間に来るのであれば教えてね。中旬に旅行をする予定があるけど、それ以外なら大丈夫です。ここ数週間ある人とゴタゴタがあって実はちょっと落ち込んでいたのだけど今は大丈夫かな。だからもらったメールはつかの間の気晴らしになったよ。またいろいろと話したいね。

-----
6月5日(火)

ご両親と良いときを過ごすことができたようだね。確かにちょっとの間オフラインになるのも気分転換になるというのはわかる。僕のスケジュールはまだよくわからないんだけど、来週くらいボストンに行けそうかなと思う。ゴタゴタの件は気の毒に思うよ。でも大事なのはどうしようもないということじゃないかな。既に起こってしまったことは終わったことだし。それを受け入れて前に進むしかないよ。忘れるか現状より良くしようと努力するかのいずれかの方法でね。現実はもっと複雑なんだろうけど、実際にとれる選択肢はそれしかないと思うよ。でも最後にはいつも何とかなる――良いか悪いかは別として。生きていて学んで、僕達は皆間違いを犯すのだと思う。

僕のほうも予定が決まり次第必ず連絡するよ。気が楽になるように祈るよ。卒業式の一週間楽しく過ごしてね。ご両親はとてもうれしいんじゃないかな。それじゃまたね。

-----
6月6日(水)

メールありがとう。確かにあなたが言うように前に進むしか選択肢はないとは思うんだけど、私はたまに自分自身が反芻動物だと思うことがある――つまり起こったことを何回も考えて理解しようとし、そこから何かを得ようとする傾向があるんだと思う(牛が食べものを消化するのに何回も噛まなければならないようにね)。一応前に進めるよう自分を持っていくことはできるのだけどそのためには時間と精神的エネルギーが必要なんだよね。この2年間、学業面よりもどちらかというと精神的に辛い状況に置かれながらも人と共感する能力を下げないようにする努力をし、またそれを学んできたのだと思う。違う考え方を受け入れて(embrace)、必要であれば他人と共感することにあまりこだわなければもっと楽なんだろうけど、どうも私はこれらの価値観を捨てたくないような気がする。

それじゃ詳細の予定が分かり次第教えてね。ではまた。
[PR]
by coast_starlight | 2007-06-07 01:11 | 日々の出来事

<日々の出来事> Commencement Week

今週一週間は Commencement Week といい、木曜日の卒業式を中心にあれこれイベントが組まれています。といってもほとんどがレセプションやパーティーで、2年間の学校生活で出会った同級生達とできるだけたくさん話して写真をとってさよならを言う、そんな一週間です。一応天気予報によると卒業式当日は晴れ時々曇ということで昨年のような大雨は免れそうですが、証書授与式が行われる JFK Park (学校の裏にある公園)には既に大きなテントが張られていました。

ちなみに、木曜日の卒業式当日は朝7時には学校に行き写真撮影などがあります。何せ4500人の卒業生と32000人のゲストが来る、超一大ビッグイベントです。ゲストは主に卒業生の家族ですが、これにかこつけて両親や兄弟姉妹だけでなく親戚が20人くらい来るという同級生もいて、準備が大変だとか言っていました。だからこういう人数比になるのだと思います。私のところは日本から両親が来ています。他の日本人同級生も両親あるいはどちらか一方の親+兄弟姉妹一人が来たという人が多いです。卒業式会場に入るにはチケットが必要で、これは各学生に2枚づつしか配布されません。そのため「いらないチケットはないですか」という問い合わせが学年が始まる頃から全体メールに流されたりしていました。表向きは売買禁止なのですが、たぶんかなり高値で取引されているのだと思います。噂によると、1000ドル(約12万円)以上払う人もいるとか。

最後のイベントは金曜日の New Alumni Reception なのですが、何年か前にケネディスクールを卒業した Lisa (行きつけのマッサージ屋のお姉さん)と今日話をしたところ、このイベントが一番泣けるイベントだったと言っていました。なぜなら、この後には何もイベントがなく、人々が本当に去り始めるから。卒業式を前の日に終え、卒業生になったということを実感するときなのだそうです。一体、そのとき自分はどういう気持ちになっているのか…そのときになってみないとわかりません。

-----
今は火曜日の夜。昼間の各種表彰式(成績優秀者や学校生活で何か貢献をした人たちを表彰する式)の後レセプションがあり、本当はその後同級生の家でのパーティーに行こうと思っていたのですが、卒業式のガウンをクープ(大学生協)に取りに行ったり卒業証書のフレームを買ったりした後家に戻ったら疲れ果ててしまい、寝ていたら夜の11時になってしまいました。そんなわけで今一人で家にいたりします。この一週間は、喜びと悲しみが入り混じる、ある意味で精神的に辛い一週間でもあります。真面目に寂しいと考えると泣けてくるので、たまにこんなナンセンスなものをネットで見つけてきて何も考えないでゲラゲラ一人で笑っているのですが、一人パソコンの前でこんなものを開いて笑っている姿自体がネクラなのかも…。それに、この面白さは日本人じゃないとわからないと思います。「あぁ、やっぱり自分は日本人なんだな」と思ってしまう瞬間でもあります。

日本ブレイク工業社歌
外山恒一政見放送
[PR]
by coast_starlight | 2007-06-06 13:01 | 日々の出来事

<日々の出来事> ボストンで歯医者に行く(その6)

約二週間前に親知らずを抜いてから卒業旅行などでドタバタしていてちょっと記事が書けないでいました。

ところで今日親知らずを抜いてから2回目の診察に行ってきました。前回(5月25日)の診察の際、あまりに下あごが両側とも痛むので「何とかしてくれ」と頼んだところ「おそらくドライソケットが起こっているのでしょう」と言われ、その痛みを和らげるためにイソジンのようなものが入った茶色い詰め物を歯を抜いたところに入れられました。ドライソケットとは、歯を抜いた部分の骨がむき出しになってしまい、そこが炎症を起こしてしまうことにより起こる痛みです。また、その部分が穴になっているため食事のたびに食べかすが詰まり、それが当たるとさらに痛みを感じます。加えて痛み止めにイブプロフェンとアセトアミノフェンという薬を処方されましたが、処方された量について医者である日本人同級生に聞いたところ「多い」とのこと。イブプロフェン600ミリグラム錠を6時間に1錠、というのは確かに素人でも多いのでは?と思います。だって市販のイブプロフェンは1日に1200ミリグラム以上とるなって書いてあるんだもん。痛みをとるか、薬漬けになることをとるか…どうしようもなく痛いときは薬漬けになっていましたが。

a0079741_4101939.jpgちなみに、前回の診察の際にもらったのがこの秘密兵器。この注射器のような「水鉄砲」を歯を抜いた箇所に命中させ、水圧で食べかすを取り除きます。歯科衛生士のおばさんはこれのことをシリンジと呼んでいました。日本の歯医者ではこういうものを患者にくれるのでしょうか?これやり始めると結構やみつきになるのですが、口を開けて歯の奥にこれの先端を命中させるべく鏡を見ている姿は滑稽きわまりありません。これを手にした日から、外出先で食事をした際には身障者用トイレなどの個室トイレを探す日々が始まりました。

ところで納得いかないのが今日診察に行った際の歯科衛生士のおばさんの一言。「何で来たの?」って、そりゃ、用事があるからに決まってるじゃない…。歯を抜いた後のフォローアップは1回というのが相場だと言いたいのかもしれません。「下あごがまだ痛むときがあるんですけど」と言い訳しましたが、どうやらフォローアップは原則無料でお金をとれないからというのも理由かも、と思いました。抜歯した箇所自体は普通に回復しているようなので安心しましたが、秘密兵器をもう一つもらって帰る際「何かあったら電話するように」とは言われましたが、これは「何もなければ電話するな」という意味ともとれました。
[PR]
by coast_starlight | 2007-06-05 04:12 | 日々の出来事