<考え方> 思いを馳せるということ

「相手の立場に立ってものを考えなさい」とはよく言いますが、少なくとも私には軽々しくそんなこと言えませーん!


<例題 ~相手の立場に立ってものを考える(基本編)~>

ヤマト運輸元会長小倉昌男氏は、2005年6月30日にカリフォルニア州ロサンゼルスの長女宅で最期を迎えられました。享年80歳。

問1:
2005年4月のある日、日本を発ちアメリカへ向かう小倉氏になって、飛行機の中で人生を回想してください。
問2:
あなたはロサンゼルス在住の小倉氏の長年の友人で、小倉氏がロサンゼルスに到着した後一緒に食事をする予定です。どのような話をしますか?


----
この例題について考えるにあたって、次の2つの疑問が浮かぶと思います。ここではこれらの疑問に答える形で私なりの解説をしたいと思います。

1.どうやって解答を準備するか
2.そもそもこの問題を考えることに何の意味があるのか

それでは1.から考えていくことにします。

問1:
まず、「小倉氏になって」ですから、可能な限り小倉氏になりきることが大事です。私は当然小倉氏とは面識がありませんから、まずアクセス可能な情報として小倉氏の著書や新聞・雑誌・ネット上での記事などを読みます。小倉氏ご本人の著書やインタビュー記事といった、直接語られているものがいいでしょう。(小倉氏の著書の一つ「経営学」は私も読みましたが、これは小倉氏の功績だけでなく小倉氏の価値観や軸とされていた考え方がわかる本だと思います。)そうすると、次のようなことをはじめあらゆることがわかってきます。

・宅急便という概念およびオペレーションを一から作り上げられた。
・宅急便の路線免許取得をめぐり行政訴訟を起こすなどし規制改革に尽力された。
・95年にヤマト運輸会長職を引退されてからは、ヤマト福祉財団活動に注力された。
(もちろんこれ以外にもたくさんありますが、ここでは客観的事実について触れるのみにしたいと思います。)

また、4月中旬というのは亡くなられる1ヵ月半前であり、当時のご年齢やご体調を考えると、もう日本へ二度と帰ることない片道切符になるという覚悟をされていたのではないかと想像します。家族がアメリカにいるからとはいえ、最期が近いかもしれないという認識を持った上であえて長年住んでいた祖国を離れる決心をされるに至られた心中は察するに余りあります。著書を読み込むことにより、そのような決断をされた小倉氏の人間性がわかるかもしれません。

次に、「飛行機の中で」とありますから、飛行機の中を想像します。小倉氏くらいの方だとおそらくファーストクラスに乗られたでしょう。ビジネスクラスだったかもしれませんが、少なくともエコノミークラスではなかったと思います。ファーストクラスの座席・サービスは乗ったことがなければこれも想像するしかありません。飛行機の中という非日常空間、加えて出来ることが限られる移動中の時間となると、自宅や仕事場とは異なった環境および気持ちで人生を回想することになるでしょう。飛行機が離陸し窓から見える空や雲を眺めていたら、どんな気分になるのか…これは、今まで自分が飛行機に乗ったときの経験から肌で感じたもの、その記憶を総動員して集中力を働かせれば少しは小倉氏の気持ちに近づけるのではないかと思います。飛行機に乗ったことがない場合は…まず飛行機に乗るところから始めなければならないかもしれません。


問2:
問1について考えれば、自ずと答えは見えてくると思います。私の解答ですが、これが最後の食事になるかもしれないと考えると、まず小倉氏に会う前に自宅かどこか一人でゆっくり物事が考えられる環境で問1のような相手に思いを馳せる時間をとります。次にロサンゼルスにやってきた小倉氏に会ったら最初にねぎらいの言葉をかけ、話を聞き、問1で思いを馳せたことを思い出しながら小倉氏との会話のキャッチボールをするでしょう。本当に相手の立場に立ってものを考えるなら、これくらいのことをやらなければならないと思います。



次に2.についてですが…解がないこのような問題を考えることの意味は??

確かに決まった解答はありません…いや、あります。でも小倉氏ご本人でなければわかりませんし、小倉氏亡き今本当の答えは誰にもわかりません。当然私のような普通の人が経験したことのない世界をご存知で、数々の修羅場をくぐり抜けてこられたことでしょう。これらについては想像力を膨らませるしかありません。でも、だからといって考えることが無意味なわけではありません。リーダーシップ系の科目をケネディスクールでとったらこういう課題が出てもおかしくないかな、と思います。こういう問題について想像力を膨らませ考えを深めることが、リーダーとして必要な人生観について考えを深めるきっかけになると思うからです。

30そこそこの若造に何がわかる?確かにその通りです。でも、わからないなりに相手の気持ちや考えていることに思いを馳せることは可能です。相手のことを思い可能な限り相手の気持ちを想像する方向を向いている、そのベクトルを示すことに意味があると思います。

本当の解答は誰にもわかりませんが、「当たらずとも遠からず」的解答は、しかるべき手順を踏めば誰でもつくれると思います(これが重要)。
ケネディスクールでは、この「しかるべき手順」について考えるヒントを教えてくれるところだと思います。


最後に、ここで書いたことが役立ちそうなもっとプラクティカルな問いを投げかけてこのコラムを終わりにします。

問3:
ロサンゼルス在住のフリージャーナリストであるあなたは、小倉氏への独占インタビューをする機会を得ました。どんな質問をしますか?
[PR]
# by coast_starlight | 2006-07-04 09:35 | 考え方

<日々の出来事> アジアンボディワーク

a0079741_134731.jpg学校の近くに、アジアンボディワーク・カンマ(訶摩)というマッサージ屋があります。個人経営のこじんまりしたところで値段も安いため(学割がある)今年の初めから時々行っているのですが、最近はマッサージを受けるというよりもここのLisaとおしゃべりをするために行ってるという感じです。おそらく私より一回りくらい年上で、プライベートのことも含め何でも話せるし、日本を含めアジアに関心の高いアメリカ人なのでカルチャーの違いといったテーマでも話が出来るし、よきお姉さまというという感じです。

ここでのセッションは1回1時間くらいで、まず近況について話をし、「睡眠時間は?」「食事は?」と彼女が聞いてくるので質問に答えていきます。その内容に応じて毎回どういったマッサージが良いかを考えてくれます。

指圧マッサージと彼女は呼んでいるものの実際は経絡(英語でmeridianという)に沿ったマッサージで単なるぐいぐい押す感じではなく、体全体を使ったストレッチ+つぼ押しといった感じです。マッサージが終わると、「あなたのこのエレメントのレベルが低いからここを中心にマッサージをした」などと解説してくれます。正直言って私には今ひとつよくわからないときもあるのですが、終わった後の不思議な気分に浸れる快感がやめられず通っています。

ところでこのLisaさん、何とケネディスクールの卒業生なのです。どうやら若い頃は普通に勤め人をしていて、ケネディスクールで学んだりしているうちにアジアンボディワーク(指圧・レイキヒーリング・相対法など)に興味を持ち勉強し開業されたそうです。この仕事をやる傍ら趣味のセーリングを楽しむ生活、なんかうらやましい。また、どうやらそれ以外にも不動産などを持ち、この事業以外の収入もおありのようです。アメリカ人のお金の出入りのコントロールの仕方は日本人のそれとはかなり異なるという印象があるのですが(また今度書きますが)、それはその人の生き方も表しているような気がします。
[PR]
# by coast_starlight | 2006-07-03 01:33 | 日々の出来事

<私のはなし> 足りないものだらけ!

私が思うに、ケネディスクールでの留学生活では体力・気力・知力の3つの力が鍛えられると思います。人の能力というのはこの3つの力の組み合わせで決まると思います。

体力: もちろん体育の授業があるわけではありませんが、読むべき教材やこなすべき課題の量、加えて授業以外の各種活動に費やす労力を考えるとどう考えても体力がないとこなせない。
気力: 授業やグループワークにおいて丁々発止の議論をするには気力がいる。
知力: 「こうだからこうなって、ということはこうだからこうなって…」という論理構造が何層にも重なっているややこしい話を理解しなければならない。


翻って私はというと…全部足りない!この1年の間でどれだけこれらの3つの力がついたのだろう…。

体力: 1日7時間は寝ないと体が持たない。
気力: 飽きっぽくて同じことに長時間集中できない。周りが優秀な人ばかりで落ち込んでばかり。落ち込むヒマがあったら勉強しろ!と自分に鞭打つものの知力が伴わないので頭痛がして寝込んでしまう。
知力: ちょっと考え事をしただけですぐ頭痛がする。頭で考えてもわからないなら手を動かせ!とばかりに計算用紙に図や表を書いて考え始めるもののそのうち自分で書いていて何が何だかわからなくなってしまう。

こんな私がどうやって日々自分のモチベーションを保っているのか?大事なのは「意味づけ」だと思います。なぜ自分が今この瞬間この作業をやっているのか、そこに意味を見出せばやる気がわいてきます。いや、意味を見出さないとやる気がわかないので意味を見出すよう日々努力していますと言ったほうが正しいでしょう。

自分が何をやっているのかわからなくなったら、まず原点に立ち戻って「なぜ今自分はここにいるのか」その意味を考えることが実は近道だと思います。
[PR]
# by coast_starlight | 2006-06-30 11:03 | 私のはなし

<考え方>何に対してお金を支払っているのか

留学先ではどういったことを勉強しているのか?それを端的に示す例をご紹介したいと思います。

モノやサービスを購入するときその対価としてお金を支払います。それは至極当然のことですが、モノやサービスそのものだけに対してお金を支払っていると思っていると正しい意思決定ができないと思います。次の例題で考えてみましょう。


<例題 ~雑誌の定期購読~>
Aさんはよく駅の売店で日経ビジネスを購入します。ある日Aさんは思いました。
「毎週じゃないけどわりと頻繁に購入しているから、この際定期購読しようかなぁ…。でも毎週読むわけじゃないし…。どうしよう??」
Aさんの立場に立って、定期購読するかどうかを判断してください。とりあえずここでは1年契約をするかどうかのみ考えることにします。なお、1年契約では期間・額が小さいので値上げや金利上昇は考えないことにします。

参考:日経BP書店HPより
■ 年間購読料(税込み) 1年(50冊) 21,000円   ※ほかに3年契約・5年契約あり
■ 一部売価格(税込み) 600円


-----
普通の考え方だと、1冊あたりの値段を21000/50=420円と計算し、「バラで買った場合の値段と比較して180円安いけどそんなによく読むかなぁ~。」と考えるのではないでしょうか。雑誌の定期購読募集広告でもよく「1冊あたりわずか○円!」と宣伝していますよね。でもこれだとリンゴとオレンジを比べているようなものです。比較対象が同じ基準で並べられていません。ではどうすればいいのでしょうか。

ここで、年間購読料金と毎週売店で雑誌を1年間買い続けた場合の料金との比をとって考えることにしましょう。

21000/(600×50)=0.7

もしAさんが今まで70%の割合で雑誌を購入していた場合(約3回/月)、バラで購入するのとコストは同じです。したがってAさんが定期購読するかどうかを決めるに当たっては、過去どれくらいの割合で売店で買っていたかを思い出して判断すれば妥当な意思決定ができると思います。送られてきた雑誌がつまらなければ読まなければいいのです。全部読まなかったとしても、全部読む権利(オプション)をバラで買う場合の7割の価格で購入できると考えると良いと思います。

上記の定量的評価とは別に、定性的には次のような利点とリスクを考慮するがあります。

<利点>
①家/職場まで配達してくれる(購入する手間が省ける)
②買う/買わないの意思決定を毎回しなくて良い
(私のように小さいことでグダグダ悩む人間にとってこの効用は無視できません)
③複数年契約の場合、値上げのリスクを回避できる

<リスク>
①ある日突然編集長が変わって雑誌の路線が変わる
(面白くなるかもしれないし、つまらなくなるかもしれない)
②長期契約であればあるほど解約できないというリスクが重くのしかかる

上記にある利点の①②は定量的に評価しようと思えばできます。もしAさんの時給というものが定義できるならば、①②にかかる時間(年間)に時給をかければその分の費用(transaction cost)が節約できる、と考えることもできなくはないと思います。この時給が高い人は雑誌購入頻度が低くてもおそらく何も考えないで定期購読したほうが良いでしょう。

ここでは雑誌を1種類しか購読しないという前提で考えましたが、もしAさんが日経ビジネスのほかに週刊東洋経済やエコノミスト、ニューズウィークなどの選択肢の中からどの雑誌(複数)を購読しようかと検討する場合は、Aさんが雑誌を読むのに費やせる時間という要素を考慮する必要があるでしょう。そうすると問題はもっとややこしくなります。
-----


これは私が留学先で学んだ考え方の一例です。もちろん例題は全くのオリジナルですが、
①定量的(quantitative)評価と定性的(qualitative)評価をすること
②権利(オプション)を買うという考え方
③定性的評価では利点とリスクを洗い出すといったプロセス
④transaction costの概念
はまさに学校の授業で学んだことです。

このような考え方が身につけば、仕事だけではなく日々の生活にもうまく応用してより良い暮らしができるのではないか…そう信じ日々暮らしております。
[PR]
# by coast_starlight | 2006-06-28 09:32 | 考え方

<私のはなし> 自己紹介

これからブログを読んでいただく皆様に、どんな人間が書いているのかを先にご説明したいと思います。

私は1970年代中ごろに京都で生まれ、途中4年ほどのアメリカ生活を除き大学に入るまでは京都で暮らしていました。大学入学後ケネディスクールに来る前までは関東地方を転々としていました。

昨年8月末に今いるアメリカマサチューセッツ州ケンブリッジに移り住むまでは、海外に鉄道車両を売る仕事をしていました。「海外に鉄道車両を売る仕事」といってもピンと来ないかもしれません。鉄道車両は一般消費者向けのモノではありませんから、「電車1本ください!」「ヘイ、まいどありぃ!」という感じで簡単に売買は成立しません(成立すればいいのですが…)。まず欲しがっている対象(国の国鉄など)が何を欲しがっているのか、本当に買う気でいるのかを探るところからはじめ、買う気にさせて実際にお買い上げ頂くまでの一連のプロセスに関わる仕事をしていました。鉄道などの大規模インフラ案件は政府の投資決定が絡むことがほとんどですから、政府の意思決定過程やそれを取り巻く問題点などをケネディスクールでは勉強できればと思ってここに来ました。

趣味…何でしょう、子供の頃からずっと続けている習い事やスポーツは特にありません。強いて言えば水泳ですね。子供の頃は踏水会(京都の老舗スイミングスクール)に通い、指導員になる数歩手前までいきました。でも今は運動のためたまに泳ぐ程度です。

あと鉄道旅行も好きですね。会社に入る前の春休みにはシベリア鉄道を全線乗った後ヨーロッパ・アイスランド経由アメリカへ渡りこれまた大陸をアムトラックで横断したりしていました。

今思いつくのはこれくらいです。また書き足しますので今回はこの辺で。
[PR]
# by coast_starlight | 2006-06-28 00:40 | 私のはなし

<最初に読んで下さい> ブログ開設にあたって

こんにちは。Coast Starlightブログへようこそ。こちらでは、現在私が留学しているハーバード大学のケネディスクールでの生活について書きたいと思います。内容は、留学先での生活一般だけでなく私の専門である交通の話など、できるだけクオリティの高い文章を載せるよう努力いたしますのでぜひともお付き合いください。

実は、ブログ開設は昨年9月の留学当初から考えていたのですが、駄文を載せてもしょうがない、不特定多数に公開する文章って私に書けるの!?という不安もあり開設に至りませんでした。しかしネタも揃ってきたことだし、いろいろコツもつかめてきたのでこのたびブログを開設することといたしました。

Coast Starlightとは、私が以前住んでいたアメリカ西海岸(シアトル~ロサンゼルス間)を縦断する長距離列車の名前です。今お前が住んでいるのは東海岸だろう!と突っ込みたくなるかもしれませんがそこはご勘弁願います。
[PR]
# by coast_starlight | 2006-06-27 23:41 | 最初に読んで下さい